企業が求める年代別の人材

企業が求める年代別の人材をまとめました。

転職をする上で、どの様な人材を

企業が求めているかを知ることは、重要なことです。

20代の求められる人材

20代では、上司や先輩社員の指導を仰ぐことなく

自らの判断で業務を遂行し、完結できる能力を持っている人材です。

20代は、企業側もOJTなどで人材育成にあてる時間があるので

専門的知識を持っていなくても採用されることはあります。

30代の求められる人材

グループリーダーや先輩社員として、部下や後輩の指導ができ

即戦力として活躍できる人材です。

また、業務に関する専門的知識や資格を持っており

その業務についての経験や実績を持っている。

30代では、全く業務知識や経験が無いと

転職は難しいと考えてください。

40代の求められる人材

管理職として、部下の管理や指導ができ

部門の目標達成できる能力を持っている即戦力の人材です。

または、担当者として、特定の専門分野で業績向上や

コストカットなどの実績を持っているなら

企業側も魅力に感じるので採用される可能性はあります。

管理職経験が無く、特段の実績が無ければ、転職は難しいと考えてください。

50代の求められる人材

役員や管理職経験で、業績向上やコストカットなどの実績を

持っていないと、転職は難しいです。

また、50代での求人数も少なくなりますので

転職エージェントを利用しても転職はできない可能性があります。