自分の一生の仕事は20代で決める

自分の一生の仕事は、20代で決める必要がある。

なぜなら、20代であれば、専門的な知識が少なくても

業務経験が少なくても、OJTや外部教育などで

人材育成ができるからです。

しかし、30代になると企業は

即戦力の人材として、専門的知識を有しリーダーとして

人材を求めています。

だから、20代で自分の一生の仕事を決めて

その仕事に必要な知識を学び

必要な資格を取ることで

自分の価値を上げる努力することが必要です。

参考:企業が求める年代別の人材